女の不眠症人のプライベート部の八健康禁忌

女性はよく重視の外見の美しさがよく容易な軽視の隠密部位の健康は,不眠症、私たちが下半身の三角区には待つだけその病気になってご加護.実はこんな肝心部位陰部、更に重要なのは普段の生活習慣や疾病の予防、油性潤滑剤、陰毛脱除液、香水スプレー……これらの一見無害なものが実際に潜む深刻な健康リスク、今日は皆さんには,編集は女性陰部のない事項!

P禁忌1:チャーミング香水スプレー

p>,
レビトラ;この類スプレーで<覚醒止痕の標語混ざっ面でツイていて、実は石鹸と清水は上記の効果を達成することができる.専門家に警告、一部のスプレー採用ベンゼン座ってカード(Benzocaine、局所麻酔薬)の製造、アレルギー反応が引き起こす以外、また隠しや性病感染生まれのにおいで、令者抓稲草によるできなくなって一層の損害.

P2:臨時のインク

はタブーです

個別スパ美容センターを提供する継続的に5日間の陰部インクジェット紋図サービスが、若接触陰唇薄皮、同などによる刺激墨料機会やアレルギー反応.人は永久に、インクジェットまたは印貼って、もし下陰紋図には、最高の紋はビキニラインの外の位置.

禁忌さん:ジェル胶性玩具

既存多く一流の性玩具選択肢がいわゆるジェル礬水(つまりフタル酸エステル)製品の初歩の研究によると、使用を高めるアレルギー反応も癌になるリスク.もう一つの欠点は、製品のギャップが形成される、つまり使用後洗浄に潜む微生物も除去できないので、次の使用時に感染の可能性がある.

を購入する安全性の玩具を選ぶべきで、使用は医学資材メーカーやアメリカ食べ物や薬物局の認可のケイ質製品.この制品はきれいに洗うことができて、洗剤の精と温水洗浄を使用して、しかもアレルギーと癌の弊害を誘発しないで.

禁忌よんしよ:恥毛染剤

変え恥毛色は男に伴う制造サプライズで、見たところとても風情があって、でも特別の調合指図書の恥毛染剤の,また損害をもたらす.専門家によると、染剤の化学物質を生むことができて刺激による不良反応の結果、灼熱痛、数週間の影にすぎない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です