老いと向き合い、不眠症命を理解する

ました35歳、私はますますはっきりと感じる自分が老いたことを知ると、歳月人を待たず、古人の言葉をまとめて本当に精巧な.白い髪は静かに増えて、目じり紋様は本当に深くて、記憶力が大きいほうが昔、いつも忘れ物.責めないであるジョン·アダムズ37歳の時には老人を自任してもらいボストン人への演説で彼は、私が戻らない大演説し、高齢.

自分の老化に対して、私たちはとても仕方がないです.肉親の老化に直面して、私達はまたとても無力です.数日前、私の父の左手にあまり聞いた、私と妻がしきりに頼み込む、彼はやっと言うことを聞いて病院に行って検査しました.結果、やっと二三年の光景は、腔隙性脑梗両側脑梗になってから、もっと大変のはCTが示してある小脳萎縮症状.たとえ医者は私を教えて老年病が、私は受け入れることができない父は少し老いた涙が事実で、直.この頃、私は、始皇帝がなぜ不老不死の薬に熱中するのかを知りたいと思っています,
シアリス通販など豊富な情報.妻は、私のため息をついて、最も反感を持っていないと言いました.しかし、私はあきらめ、ため息を代表して、私を放棄しないからというだけの努力を中止したことは、世の中の事は努力でもできる.

中年に入って、人はますます敏感になってきて、人はますます敏感になり始めて.『流刑の王様』1本、私が何度も涙を流して.私のようなスローモーション映画では、父の血をゆっくり見て、生命を少しずつ身にしみ出る出て行って、全体の人の品質と個性なこの人からの身に落ちする.このような説明、どのくらいの子供の会は分明することができますか?作者阿尔诺·ガイガー・爾の父親が認知症を患って、相変わらずの活力に満ち,ユーモアの知恵を持っているが、彼はゆっくりと病気で記憶を失いと理性、次第に自分の生活を失った.彼は家にいると、家に帰るという渇望の無時にいない.父は流刑の王様のように,戸惑ってあちこち逃げまどうている.実は、病気にならないと、老人もそうです.赤身の最後の文字記録)を使用中にこんな一節がある.やっと、あの時、彼は利口で、起こした後、凛とし危坐、手を伸ばして、赤ちゃんの筆画のサインのように、「木と心が別のおかしな位置、そして、人によって軽く握り彼の指か朱肉――さんがこれまで達筆だなあ、人に散って、私は泣く声……」

と《世说

新語』によると、謝安は王羲之説:中年やすい感傷,不眠症、毎回と親戚もつらい別れて何日.王羲之は晩年光景は更にこのようにして、丝竹管弦娯情修養でしかない、まぎらす胸、いつも子供に気がついて、彼らの興味を破壊した.老人は、感傷的に感傷的になるばかりでなく、元の品質を捨てても.同僚は、最も困っていて子供は持っていない.私は彼女の祖母は家にいるのではありませんか?私の母親は子供として、1人1台のテレビですと言いました.」彼女の母は生涯教師になり、子供がよくテレビの害を見るべきだということを知った.可は阿尔诺の父、生活は発散はしびれ冷淡のカビ、「>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です